ウイスキーのウーロン茶割りは太らないお酒で女性やお酒が飲めない方にもおすすめ!ウーロンハイとの違いから歴史、作り方まで

ウイスキーのウーロン茶割りとは

ウイスキーのウーロン茶割りとは、ウイスキーを烏龍茶で割った飲み物になります。ウイスキーのほのかな甘味と旨味を味わいと飲んだ後に広がるウイスキー独特の香りに、烏龍茶の芳醇な香りと甘味を味わうことができる飲み物です。

ウイスキーのウーロン茶割りとウーロンハイの違いとは?

ウイスキーのウーロン茶割りと違いが分かりにくいのが、ウーロンハイです。ウイスキーのウーロン茶割りは、ウイスキーを烏龍茶で割った飲み物だと紹介しました。

ウーロンハイは、焼酎を烏龍茶で割った飲み物です。そのためウイスキーのウーロン茶割りとウーロンハイは、割るお茶は同じですが使用する酒が違います。焼酎のさっぱりした味と、烏龍茶の芳醇の香りを楽しめるのがウーロンハイです。

ウイスキーのウーロン茶割りができた歴史

ウイスキーのウーロン茶割りが誕生したのは、1980年頃とされています。1980年頃にウイスキーの消費量がピークを迎え、多くの人がロックなどで親しんでしました。

ウイスキーと比べてお茶の流通は、進んでいませんでした。1980年までは美味しいお茶を気軽に手に入れることが難しかったそうです。お茶を飲むためには、急須で淹れなければなりませんでした。冷たい状態で飲むのは、お茶を一度冷やすなど手間がかかるなど手軽に飲むことが難しい時代になります。

しかし1980年頃になると、各メーカーが缶やペットボトルに入れて、お茶を発売し始めました。缶やペットボトルに入ったお茶が販売されるようになり、お茶が手軽に買って飲めるようになり、消費量が増えたそうです。

お茶が手軽に飲めるようになり、居酒屋やバーなど様々な場所でお茶が置かれるようになり、ウイスキーをウーロン茶で割った酒も振舞われるようになりました。それがウイスキーのウーロン茶割りの誕生になります。

ウイスキーのウーロン茶割りは健康に良いお酒

ウイスキーのウーロン茶割りは、誰でも飲みやすく健康にもいいお酒として高い人気があります。まずはウイスキーのウーロン茶割りとその他の酒の度数と糖質をみていきましょう。

こちらは、各人気のお酒に入っている500mlあたりの度数と糖質を表にしました。

お酒の種類度数糖質
ウイスキーのウーロン茶割り5%0g
ハイボール6%0g
レモンサワー5%20g
ビール5%17g
赤ワイン14%7.5g
日本酒22%22.5g
紹興酒17.8%25.5g

ウイスキーは蒸留酒で糖質は含まれていません。そのためウイスキーのウーロン茶割りやハイボールは糖質が含まれておらず、体重増加をあまり気にせず飲むことができます。しかしレモンサワーは20g、ビールは17gとかなり多く含まれており、体重増加してしまうかもしれません。

また人間が飲みやすいアルコール度数は、5%くらいとされています。ウイスキーのウーロン茶割りは5%ほどに作られていることが多く、とても飲みやすいです。

レモンサワーやビールもアルコール度数が5%ほどとなっていますが、糖質が17gと高くなっているため、飲みやすいが体重が増えやすいとされています。同じアルコール度数でも、糖質が多く含まれているビールやレモンサワーは体によくないです。

ウイスキーのウーロン茶割りは、糖質を気にすることなく飲むことができる健康的で、度数も調節されて飲みやすい酒になります。

ただしウイスキーのウーロン茶割りでも、過度に飲み過ぎてしまうとよくありません。適量を飲みながら楽しむようにしましょう。

ウイスキーのウーロン茶割りの作り方・材料

美味しいウイスキーのウーロン茶割りには、作り方があります。お茶割り単体ではもちろんのこと、お食事にも合うウイスキーのウーロン茶割りを紹介していきます。

ウイスキーの選び方

世界には5大ウイスキーがあり、それぞれ味が違います。その中でもおすすめがアメリカンウイスキーです。アメリカンウイスキーは、主な原料で使われているのがトウモロコシで、まろやかな香りと甘口で飲みやすくなっています。

またウイスキーの購入で重要なのが度数です。アメリカンウイスキーの定義として、40%以上の度数と決められています。樽から出した時はもっと度数が高く、加水して度数を下げていき、度数が高いと加水量が低いです。

度数が高いと、ウイスキー本来の味を味わうことができます。

美味しいウイスキーのウーロン茶割りの作り方

用意するもの

・お好みのウイスキー

・お好みの烏龍茶

・氷

STEP①まずグラスに氷を入れていきます。氷は溶けてしまうと美味しさが半減してしまうため、冷凍庫から取り出してすぐに入れることがおすすめです。

STEP②次にウイスキーをコップに注いでいきます。量はウイスキーと烏龍茶を淹れた際に、1:3になるようにしてください。

ここで1つポイントがあり、ウイスキーを注ぎ終わった後にすぐに烏龍茶を注ぐのではなく、氷とウイスキーを馴染ませてください。そうすると、烏龍茶と混ざりやすくなり美味しいウイスキーのウーロン茶割りができます。

STEP③最後に烏龍茶を適量注いで完成です。基本は1:3ですが、濃さを調整してご自身の好きな味に仕上げてください。

まとめ

ウイスキーのウーロン茶割りは、1980年代の美味しいお茶が全国に広まりできた飲み物になります。ウイスキーが持つ甘味と旨味に加えてウイスキー独特な香りと烏龍茶の芳醇な香りを楽しめるお酒です。

ウイスキーのウーロン茶割りは、度数が人間の飲みやすい5%程度に設定されており、糖質は0gと体重増加のあまり気にせず飲むことができます。

ウイスキーはアメリカンウイスキーを選ぶことで、甘味がありお酒が苦手な方や女性まで幅広い人が飲みやすいウイスキーのウーロン茶割りになります。

参考にしてウイスキーのウーロン茶割りを楽しんでみてください。